北イタリア旅行のルートを決定!ガルダ湖、世界遺産ドロミテを巡る。

イタリア,ミラノ,北イタリア,海外旅行,一人旅,ルート,ドロミテ,シウジ高原 ,コルチナ,イタリア語,夏休み,トレチーメ,クレマ,観光,コンパッチョ,地図,おすすめ,日数 (キャッチアイ)

2019年の夏季休暇『北イタリア旅行の詳細』を決定!

正直、旅の計画面倒くさくもあり、楽しみでもあるのですが、早めに旅行ルート・宿泊先を決めるのが大事

『地球の歩き方』Web情報を頼りに北イタリア旅行7泊の詳細を決めました!

ルート情報や観光地など、参考程度にご紹介いたします(^^)/




1日目・イタリア着、ミラノ泊。

成田空港を正午に発ち、ミラノマルペンサ空港には現地時間18時頃到着。

直行便・12時間40分の長~いフライトです(汗)。

航空料金など詳しい情報はこちらの記事で紹介。

マルペンサ空港~ミラノまではバスで行こうと思います。

今回の旅行で利用する宿はすべてBooking.comで予約。

4月10日現在のユーロは125.41円。

週足チャートで見るとユーロ安になりそうだけど、カード前払いで支払います。

ミラノでは約7千円のホテルに宿泊。

2日目・ミラノ~クレマの町を観光。

イタリア,ミラノ,北イタリア,映画,ロケ地,海外旅行,一人旅,飛行機,言葉,ベルガモ,セリオの滝 ,パンディーノ,イタリア語,夏休み,7月,田舎,クレマ,観光,写真,都市,地図,おすすめ,日数,

ミラノのと言えばドゥオーモが有名らしいので、今回の旅行で唯一の定番観光スポットへ足を運ぼうと思います。

午前はミラノ観光(ドゥオーモ意外に何かあるのかな?)。

午後はクレマという観光客がいなさそうな町へ。

のんびりした時間を過ごしたい。

2日目はクレマ(約7千円)のホテルに宿泊。

3日目・クレマ~ガルダ湖へ。

3日目の午前はクレマ観光。

午後は電車でシルミオーネのガルダ湖へ。

シルミオーネローマ時代からの有名な保養地

ガルダ湖はヨーロッパで人気のバカンス地のひとつ(らしい)です。

イタリア,ミラノ,北イタリア,海外旅行,一人旅,ルート,ドロミテ,シウジ高原 ,コルチナ,イタリア語,夏休み,トレチーメ,クレマ,観光,コンパッチョ,地図,おすすめ,日数 (2)

3日目も約7千円のホテルに宿泊。

4日目・いざドロミテへ。シウジ高原・コンパッチョで1泊。

4日目はいよいよ世界遺産・ドロミテへ。

シウジ高原(アルペディシウジ)イタリア北部、南チロル地方のドロミティ山地にある台地。

イタリア,ミラノ,北イタリア,映画,ロケ地,海外旅行,一人旅,飛行機,言葉,ベルガモ,セリオの滝 ,パンディーノ,イタリア語,夏休み,7月,田舎,クレマ,観光,写真,siusi,

コトバンクによると…

平均標高1850メートル。周囲をガルデーナ、イサルコ、ティレスの三つの渓谷に囲まれ、ヨーロッパ最大級の山岳牧草地が広がる。

ドロミティ山地の山々を望む展望地として知られ、山岳保養地も多い。

とのこと。

4日目はアルペディシウジの集落にあるコンパッチョで1泊(約4500円)します。

5日目・コンパッチョ~チンクエトーリ~コルチナダンペッツォ。

5日目はバスとロープウェイを駆使してチンクエトーリをハイキング。

イタリア語でチンクエは「5」、トーリは「塔」を意味し、その名の通り5つの岩山があるそうです。

日本にはない荒々しい景観が魅力ですねぇ。

チンクエトーリでハイキング後、今回初めて連泊するコルチナダンペッツォへGO。

6日目・ドロミテハイキング・トレチーメ1周。

イタリア,ミラノ,北イタリア,映画,ロケ地,海外旅行,一人旅,ルート,言葉,ドロミテ,シウジ高原 ,コルチナ,イタリア語,夏休み,トレチーメ,田舎,クレマ,観光,コンパッチョ,地図,おすすめ,日数 (1)

僕の中では、ドロミテに来たなら外せないスポットは「トレチーメ」。

標高2999mの岩山が圧巻。

トレチーメは「3つのピーク」という意味らしい。

トレチーメをぐるっと1周する予定です。

7日目・コルチナダンペッツォ~ヴェネツィア。

7日目ドロミテを午前中に出発し、バスで「水の都。ヴェネツィア」へ。

ヴェネツィアはまだリサーチ中なので、宿も決めていない状況

人気の観光スポットなので、じっくりポイントを絞って行動したいです。

8日目 帰国・ヴェネツィア~ミラノ・マルペンサ空港。

最終日は、午前中にヴェネツィアを発ち、昼頃ミラノマルペンサ空港発で帰国予定。

果たしてこのプラン通りいくでしょうか??

現在イタリア語も独学で習得中です(笑)。

以上、今日は『北イタリア旅行の詳細』をピックアップしました!

僕にとって初海外旅行なのでトラブルがないよう、気を付けたいと思います。

ただでさえイタリアあまりいい噂を聞く国ではないので…。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

Arrivederci(アリヴェデルチ)!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク