【キャンパー必見】スノーピークコンパクトスモーカーで燻製に挑戦!

スノーピークコンパクトスモーカー

今日は究極のスローフード『豚バラベーコンの燻製』に挑戦!

僕は燻製に関してはゆで卵、ささみ、ビーフジャーキー、チーズなどは経験済みでしたが、豚バラベーコンは初めてです。

燻製は調理過程でやり直しが利かないので判断力キーポイントです。

また、調理時間がかかる(漬け込み2晩・塩抜き1時間・風乾燥1晩・燻製1.5時間)ので、スケジュール感が重要で、燻製時の天候(雨・強風は避ける)にも配慮しないといけません。

果たしてうまく調理することができるか…挑戦です!




豚バラ燻製の材料。

材料

まずは材料から!

僕はほぼ目分量なんで材料だけご紹介。

1.豚バラブロック 345グラム

2.玉ねぎ 1/2個

3.にんにく2欠片

4.唐辛子1個

5.塩、コショウ

6.ワイン大さじ2、ウィスキー小さじ1

べニシアさんだと庭で採れたハーブを入れるでしょうね(笑)。
ローズマリーとかセージとか。

ていうかベニシア・スタンリー・スミスさんのこと知ってる人いるかな?

豚バラの漬け込み

①豚バラブロックをフォークでプスプスと突き刺して、味がよく染み込むようにします。

②次に塩と胡椒を豚バラブロックにまんべんなく練り混むようにふりかけます。

③豚バラブロックをジップロックに入れ、玉ねぎ、にんにくをすりおろして入れます。

そして手がにんにく臭くなります(笑)。

④材料の4と6も入れます。

漬け込み

漬け込み(ジップロックの横幅のサイズがギリギリ。)

⑤冷蔵庫で 2晩 寝かせます。(調理によっては1週間くらい寝かせる場合もある)

漬け込み

2晩漬け込み完了。

冷蔵庫の中がにんにく臭くなるので、ヨーグルトなどの乳製品ににおいが移っちゃうかもしれないので注意してね。

塩抜き

味を調節するために流水に浸します。水はチョロチョロ流していますが、水に漬け込むだけでもOKみたいです。

塩抜き

塩抜き

30分ごとに豚肉のはしを切って焼いて味見

味見

味見

味見

焼いて味見

僕はブログ作業に夢中で1時間塩抜き

味見すると「う、うすい…気がする…」

僕の味付けで2晩漬け込んだ場合は、塩抜きは30分でいいのかもしれませんね。

なので塩、コショウをまんべんなくふりかけ次の風乾燥の工程に移りました。

風乾燥1

夏は冷蔵庫で一晩乾燥させます。冬は外で乾燥できます。

僕は初めて燻製したとき、この乾燥の工程を知らず、燻製に失敗していました。

乾燥はとっても大事です。

乾燥

風乾燥前

乾燥

風乾燥後。見た目生ハムっぽい

キャンプに持参する方はこの時点でラップに包み、クーラーボックスに入れて持って行きましょうね。

燻製

いよいよ薫する時が来た…。

僕んちのルーフバルコニーで薫します(笑)。

キャプテンスタッグのガスバーナー

僕が愛用しているキャプテンスタッグのガスバーナー。コンパクトでいいっすよ。

epiガス

epiガス

取り付けるとこんな感じ。

唯一持ってるスノーピーク。燻製コンロ

説明書きです

スモークチップ

チップをアルミホイルの上にひきます

豚バラセット、

スモークした蒸気が豚バラにかからないように、キッチンペーパーを上にかぶせます。

スモークした蒸気が豚バラにかからないように、キッチンペーパーを上にかぶせます。

とりあえず弱火で30分。

とりあえず弱火で30分

陶芸家が窯の温度を見るように見守ります。

この間読書してました(笑)。

30分経過後の豚バラ。色的にまだまだっす。

30分経過後の豚バラ。色的にまだまだっす。

すでにチップが燃え尽きているので、再度チップを新しくセットします。

すでにチップが燃え尽きているので、再度チップを新しくセットします。

さらに20分経過後の豚バラ。まだっぽいです。

さらに20分経過後の豚バラ。まだっぽいです。

さらに30分!いい感じです。もう30分薫したいけど、味が渋くなりそうなのでここでやめます。

さらに30分!いい感じです。もう30分薫したいけど、味が渋くなりそうなのでここでやめます。

油身もいい感じじゃないすか!

油身もいい感じじゃないすか!

風乾燥2

本当は1晩乾燥させたほうが良いのだが、3時間くらい外で乾燥させました。

実食

ドキドキの実食

な、中身はっぽいぞ。

この状態で食べるのも危険なので焼きました。

これはこれで余分な油が落ちていいかも。

これはこれで余分な油が落ちていいかも。

外はしっかりと桜のスモーキーな香りがついていました。

これをカリカリに焼いてパスタと合わせるといい感じかもしれません。

反省

反省① 豚バラブロックは厚いので、ビーフジャーキーのようにカットして燻製すべきでしたね。いやー盲点盲点!

反省② 全体的に肉の味が薄いので、漬け込むたれを濃いめにつくるべき。

この反省を次回の燻製に活かします!

以上、今日は『豚バラの燻製』に挑戦してみました!

「見た目はよかったんだけど、中身は…」みたいな結果に終わってしまいましたが、みなさんも僕の反省を参考にして燻製ライフエンジョイしてみてください(笑)。

なかなか燻製は奥が深いですよ!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク