イタリア・ミラノの穴場スポット『ナヴィリオ運河』は紅の豚のモデル地。

イタリア旅行,ミラノ,ドゥオーモ以外,観光,穴場,おすすめ,ナヴィリオ運河,アペリティーボ,紅の豚,アクセス,蚤の市,スポット,フォトジェニック,ナヴィリオ地区,行き方,アイキャッチ

『ミラノ・ナヴィリオ運河(Naviglio Grande)』をピックアップ!

2019年7月に訪れたイタリア・ミラノ。

今回ご紹介するミラノの南部にあるナヴィリオ地区は、13世紀頃の経済・交通に欠かせなかった”運河”が一部残されています。

現代の水の都といえばヴェネツィアですが、ミラノの中心街には運河が張り巡らされていたなんて意外。

またミラノはジブリ作品『紅の豚』に登場する町でもあり、秘密警察の監視を振り切り、運河から飛び立つシーンのモデルとなったのが『ナヴィリオ運河』と言われています。

それでは、ミラノの古い歴史を体感してみましょう(^^)/




『ナヴィリオ運河(Naviglio Grande)』へのアクセス。

ナヴィリオ地区は、メトロ2号線・地下鉄のポルタジェノヴァ(PORTA GENOVA F.S)駅にあり、駅から運河までは徒歩5分ほど。

この場所は、運河沿いにファッションやインテリアなどのセレクトショップとカフェやレストランが立ち並びお洒落なミラノっ子たちに人気のスポットとなっています。

この投稿をInstagramで見る

hikotopi1さん(@hikotopi1)がシェアした投稿

Porta Genovaエリアではトラムと呼ばれる電車が走っています。

Porta Genovaエリアではトラムと呼ばれる電車が走っています。

『ナヴィリオ地区』のおしゃれな街並み。

早朝、ポルタジェノヴァ(PORTA GENOVA F.S)駅を出発すると、早速トラムが走っています。

ファッションの広告もCOOL!

ファッションの広告もCOOL!

街並みに溶け込むトラムのデザインはカッコイイ♪

電車の魅せる広告がニクイね~!

電車の魅せる広告がニクイね~!

ナヴィリオ地区街の景観が可愛らしく、とってもフォトジェニックな家々が立ち並んでいます。

ビビットな黄色がオシャレ!

ビビットな黄色がオシャレ!

朝日に映えるピンクの壁。

朝日に映えるピンクの壁。

またトリムが滑り込んできました。

ナヴィリオ運河方面へ歩くと公園が見えてきます。

朝日に浮かぶ公園。

朝日に浮かぶ公園。

木漏れ日がキラキラしています。

木漏れ日がキラキラしています。

公園を抜けるとナヴィリオ運河が見えてきました。

ナヴィリオ運河が見える。

ナヴィリオ運河が見える。

蜂の配色がさっきのトリムと似ている。

運河近くに蜂がいた。蜂の配色がさっきのトリムと似ている。

『ナヴィリオ運河』の様子。

ナヴィリオ運河のほとりは意外にゴミが多く(というかミラノはゴミのポイ捨てがひどい)、おばあさんがゴミ拾いをしていた。

観光本を見るとミラノは「美化された町」ということが分かります。

景観は美しいのに非常にもったいない。

この投稿をInstagramで見る

hikotopi1さん(@hikotopi1)がシェアした投稿

少しアンモニア臭が漂う橋。

少しアンモニア臭が漂う橋。

このブログでは観光本には載っていないリアルな現状を伝えます。

ミラノっ子に愛されている『ナヴィリオ運河』

運河とナヴィリオの街並み。

運河とナヴィリオの街並み。

運河沿いのユニークな形をしていたベンチでは、ミラノっ子が寝ている…。

寝ているミラノっ子。

寝ているミラノっ子。

ナヴィリオ運河は昨夜はミラノっ子で賑わったことが予測されます。

運河を覗くと・・・。

ど、どんよりと汚い。

ど、どんよりと汚い。

少し歩くと川の流れが速くなり、川の透明度が増します。

透明度が増してきたナヴィリオ運河。

透明度が増してきたナヴィリオ運河。

グラフィティアートも運河には似合わないな。

グラフィティアートも運河には似合わないな。

運河沿いをベッカムに似た若者が上半身裸で気持ちよさそうにランニング。

運河沿いランニングは気持ちよさそう。

運河沿いランニングは気持ちよさそう。

釣りをしているオッチャンもいました。

結構いかつい釣り竿。

結構いかつい釣り竿。

Did you catch anything?「なんか釣れた?」って聞けばよかったな。

Piazza Ventiquattro Maggio付近はちょっと汚い。

朝のミラノはやっぱりポイ捨てが実に多い!

朝のPiazza Ventiquattro Maggio。

朝のPiazza Ventiquattro Maggio。

朝は清掃車や清掃員が街をきれいにします(ほこりが舞う)。

ミラノの清掃車。

ミラノの清掃車。

ミラノってトイレが少ないわりに、ごみ箱がやたら多い町。

日本と比べると歩きたばこも多い。

なんだか実にもったいないミラノの現状を垣間見た、早朝のナヴィリオ運河でした。

私が歩いたエリアは飲食店があまりなかったですが、ナヴィリオ運河は『アペリティーボ(軽食・食前酒)』が楽しめる街としてアツいスポットのようです。

この投稿をInstagramで見る

ken philip(建築×ファッション×トラベル)さん(@architectkenphilip)がシェアした投稿


今度はに足を運んでみたくなりました♪

以上、『ミラノ・ナヴィリオ運河』をピックアップしました!

ナヴィリオ運河では毎月最終日曜日『ナヴィリオグランデ骨董市』が開かれているようなので、骨董品好きな方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

これを機会に紅の豚を見直すのも悪くないな。



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク