リュックの太い肩紐には『コロンビアのポーチ』がおすすめ。登山に◎!

amazon,columbia,アウトドア,カラビナ,コロンビア,ショルダーポーチ,スマホ,ブログ,ポーチ,リュック,リュックの肩紐,付け方,使い方,太い,小物入れ,紐,肩紐,防水,キャッチアイ

以前私のブログで紹介した「ミレーの万能ポーチ」も優秀だが、コロンビアのポーチも負けていなかった。

ウェストやリュックの肩紐に取り付け可能な『Columbia (コロンビア)ナイオベポーチ』をご紹介♪

登山やトレッキングはもちろん、釣りなどアクティビティに活躍すること間違いなし!

スマホもサクっと取り出せるので、かなり重宝します。

今日はYoutubeの動画も交えつつ、ポーチの詳細をご紹介。

まずは万能な『Columbia ナイオベポーチ』の仕様から見ていきましょう(^^)/




『コロンビア ナイオベポーチ』の仕様は?

amazon,columbia,アウトドア,カラビナ,コロンビア,ショルダーポーチ,スマホ,ブログ,ポーチ,リュック,リュックの肩紐,付け方,使い方,太い,小物入れ,紐,肩紐,長い,防水 (23)

日本でも高い人気を誇るアウトドアブランド・コロンビア1960年にアメリカで誕生

コロンビアのアイテムはどれもデザインが秀逸で、今回紹介するナイオベポーチもセンスが光っている。

デニム界のヒットメーカー・本澤裕治がプロデュース。

サイズは縦:16cm、横:10cm、奥行:5cm。

片手で持ち歩くにはちょうどいいサイズ感”小物入れ”にピッタリだ。

カラーが豊富で選択肢が多く、ワクワク感がくすぐられるアイテムです。

『Columbia ポーチ』の詳細を見てみよう。

それではコロンビアの万能ポーチの詳細を見ていこう。

ベルトは縦横対応。

後述でより詳しく紹介していますが、ウェストにも付けられるし、リュックの肩紐にも対応。

そのためポーチの裏側「固定するためのバンド」十字架状に設計されている。

水平方向のバンドを外した様子。

水平方向のバンドを外した様子。

留め具のボタンは大きく丈夫です。

ポーチの内部、収納面は?

内側面のポケット。

内側面のポケット。

コロンビアのポーチは2Wayポケットで、内側のポケット内にはキーホルダー用のフックがあります。

ベルトポーチの収納面を確認しましょう。

私のスマホ「ZenFone MAX」縦156 ×横77.5 ×高さ5.2mm)を使用(カバー付き)。

以前、私のブログで紹介したコインケースマネークリップも一緒にポーチに入れてみよう。

外側のポケットにはコインケースとマネークリップを収納。

外側のポケットにはコインケースとマネークリップを収納。

内側のポケットにスマホを。

内側のポケットにスマホを。

収納にまだ余裕があります。

収めた時の様子。

収めた時の様子。

型崩れしにくそうです。

型崩れしにくそうです。

Youtubeで簡単にポーチを紹介してます(再生するとBGMが流れます)。

イヤホンコード用の穴がある。

ポーチにはイヤホンケーブルを出すための穴もあります。

内側の様子。矢印のところからケーブルを出す。

内側の様子。矢印のところからケーブルを出す。

ケーブルを出した様子。

ケーブルを出した様子。

音楽好きにも嬉しいアイテムですね!

Columbiaポーチの撥水チェック!

ちょうど雨が降っていたので、撥水チェックをしてみました。

外側の防水チェック。

外側の防水チェック。

ご覧のようによく水を弾いています。

内側もしっかり水をはじく。

内側もしっかり水をはじく。

水は弾くようですが、完全防水ではないのであまり濡らさないようにしたいです。

ベルトに取り付けるには?

早速ウェストベルトポーチを取り付けてみよう。

ポーチ裏にベルトを通して…

あとは腰にベルトを巻くだけ。

さすがデニムのヒットメーカーがプロデュースしただけあって、デニムにマッチしてカッコイイ

カジュアルなウェストポーチにはややサイズが大きい気もするが、アウトドアには違和感ないサイズ感では?

スマホなど小物が取り出しやすい!

もちろん腰に付けたままスマホを取り出せるので大変便利です。

リュックの肩紐に取り付ける方法は?

前回紹介したミレーのポーチを上回るポイント「リュックの肩紐の固定」がしっかりしている点。

下記の画像のように45リットルバックパックの肩紐はかなり太いけれど、コロンビアのポーチはしっかり対応できます。

海外登山で利用したミレーのバックパックとポーチの比較。

海外登山で利用したミレーのバックパックとポーチの比較。肩紐ベルトは7.5センチ。

ちなみにミレーのリュックも紹介しているので参考までに。

ご覧の通り、パチッとポーチが取り付けられる。

ベルトにピッタリ。

ベルトにピッタリ。

見た目もしっくり来てます。

見た目もしっくり来てます。

感動すべきポイントは「ポーチのフック」にある。

ポーチ上部のフック部分

ポーチ上部のフック部分

ミレーのリュックにはカラビナを取り付けられる設計があるのです。

ミレーのリュックでは固定できる設計

ミレーのリュックでは固定できる設計

肩紐ベルトとフックで2重に固定できれば、ストレスなく登山が楽しめます。

2箇所でしっかり固定可能。

2箇所でしっかり固定可能。

20リットルくらいの小さめのリュックにはベルトがゆるくて固定できないかもしれないので注意が必要です。

ミレーのポーチと比べると?

コロンビアのポーチをミレーと比較して気になった1点。

それはコロンビアのファスナーが金属製であること。

金属製だとファスナー同士が重なり合いチャラチャラ音がするのです。

人によっては気にならないかもしれませんが、ミレーポーチを使い慣れている私は少し気になりました(^-^;

以上、『Columbiaナイオベポーチ』をピックアップしました!

アウトドア好きの友人にプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。

私が買ったショップでは最後の残り1個。人気があるみたいなので購入の決断はお早めに!

スマホポーチを3社を比較した記事はこちらを参照!

おしゃれな「グレゴリーのベルトポーチ」の記事はこちら♪

あわせて読みたいレビュー記事はこちら。アウトドア派必見ですよ♪↓↓↓

ミレーのビジネスリュックの記事はこちら!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ゼビオのオンラインショップはスポーツ用品の品ぞろえが豊富。

お宝商品がたまに見つかります(^^)





スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク