石垣島を360度一望!野底岳・マーペー山のアクセス&登山難易度は?

野底岳,トレッキング,登山,おすすめ,ルート,アクセス,岩,地図,駐車場,登山口,展望台,山頂,パワースポット,マーベー,行き方,近道 (キャッチアイ)

『石垣島・野底岳・マーぺー山』をピックアップ!

沖縄・石垣島は海も素敵だけど、鮮やかな青い海を一望できる登山も意外とオススメ。

今日は2019年5月下旬に登山した野底岳(のそこだけ)(別名・マーぺー山)をご紹介♪

まずは野底岳のアクセスから見ていきましょう(^^)/




『石垣島・野底岳』へのアクセス。

野底岳登山口へは石垣島空港からは車で20分。

石垣市内からは車で30分程度で行けます。

レンタカーでマーぺー山へGo!

僕はレンタカーマーぺー山へGo♪

カーナビのデータが古くやや迷いました。

道に迷っても海がきれいだから、全然焦らなかった(笑)。

道に迷っても海がきれいだから、全然焦らなかった(笑)。

「本当にこの道で会っているの?」と不安に思いながら車を走らせました(すれ違った車は1台のみ)。

しばらく進むと「西表石垣国立公園」の看板。

「西表石垣国立公園」の看板。

「西表石垣国立公園」の看板。

さらに道を進むとマーぺー山と思われる山がひょっこり登場しました。

結構高いなぁ。

結構高いなぁ。

野底岳登山口に駐車場はある?

登山道入り口の看板があるので一安心。

車は路肩に数台停められる程度の駐車スぺースがあります。

僕が登山口に到着したのは平日・金曜日の午前10時半ごろ。

周りはまだ誰もいない雰囲気でした(下山した時には車が4台ほどいた)。

『野底岳』の登山難易度は?

道が悪い部分もしばしば。確実に靴が汚れる。

道が悪い部分もしばしば。確実に靴が汚れる。

野底岳足腰の強い人なら10分程度、ゆっくり登っても20分くらいで登れます。

トレッキングシューズ・水・日焼け止めは必須。

しかしながら、山を舐めちゃあかん!

天候によっては足場がかなり悪い状態(ぐちゃぐちゃ)に…。

滑らないように注意が必要です(特に一人登山は要注意)。

なので、しっかりしたトレッキングシューズで登ることをお勧めします。

沖縄旅行に「かさ張るトレッキングシューズ」を持って行きたくない気持ちは分かりますが、絶景を見るには苦行の努力も必要かと(^^)

急な坂道ではロープもあるので、しっかり活用しましょうね。

水分補給、紫外線対策も忘れずにね!

毒蛇に注意しよう。

脅すわけではないけれど、石垣島一帯には毒蛇もいます。

可愛いトカゲ?もいました。

可愛いトカゲ?もいました。

万が一、ハブにかまれたときの対処方法など把握しておきましょう。

『石垣島・野底岳』を登る!

僕が登山した時期、沖縄は梅雨入りしていましたが比較的穏やかな天候。

木漏れ日がいいね。

木漏れ日がいいね。

のびのびと気持ちよさそうに育っているが印象的でした。

気持ちよさそうな木。

気持ちよさそうな木。

鬱蒼としたジャングルのよう。

鬱蒼としたジャングルのよう。

山水会とは山岳会なのかな?

山水会とは山岳会なのかな?

10分ほど登り後ろを振り向くと…。

登山中ははりきり過ぎ、しかも坂道が急息切れ。

体力に自信がある僕(サブ3.5ランナー)でもこのザマです(笑)。

後ろを振り返ると…

真っ青な海と空!

真っ青な海と空!

しかし、上を向くと、険しい岩山があります。

険しいマーペーの岩山

険しいマーペーの岩山

岩山の注意書き

岩山の注意書き

岩山の足場付近には「ヌスクマーペーの伝説」が掲げられています。

どうやら、マーペーというのは女性の名前で、特徴的なカタチをしているこの山には、マーペーにまつわる悲しい伝説が残されているそうです。

詳細はこちら↓

山頂まであと少し!!

野底岳の山頂は天国のようだった。

山頂の岩をロッククライマーのように登ると、期待以上の『絶景』が目の前に広がっていました。

海の青、空の青、様々なブルーが印象的。

海の青、空の青、様々なブルーが印象的。

僕しかいない山頂では爽やかな風が吹き抜け、思わず「フォォォーッッ!」と声が出てしまいます(笑)

この岩が、石になったマーペーなのかも知れない。

この岩が、石になったマーペーなのかも知れない。

海岸線がどこまでも続く・・・

海岸線がどこまでも続く・・・

後で地元の人に聞くと、梅雨の時期にここまで晴れてカラッとした天気は珍しいようです。

幸運の女神が味方してくれたようです。

野底岳から川平湾も見えます。

野底岳から川平湾も見えます。

ゴツゴツした岩山。どのようにして形成された山なんだろうか?

ゴツゴツした岩山。どのようにして形成された山なんだろうか?

ボルタと記念撮影

北海道室蘭が誇る愛らしい人形『ボルタ』を連れてきていたので、石垣島の景色とコラボしてみました。

山頂でくつろぐボルタ。

山頂でくつろぐボルタ。

望遠鏡を覗くボルタ

望遠鏡を覗くボルタ

寛ぎすぎなボルタ。

寛ぎすぎなボルタ。

何が見えるのかな?

何が見えるのかな?

最後にトレッキングシューズをパシャリ!

最後にトレッキングシューズをパシャリ!

下山は迷わないように注意。

恥ずかしながら僕は下山で迷いました(^^;)

登山中には気づかなかったのですが、途中で道が二つに分かれていたようです。

駐車場とは逆方向に進んでしまい、蜘蛛の巣がやけに多い道に疑惑を感じて引き返しました。

登山道は特にめぼしい道しるべもないので、皆さんも注意しましょうね。

下山時に登山者4名とすれ違ったので、絶景を独り占め出来るベストタイミングだったようです。

最後に性格の良さそうな木をパシャリ。また来るよ!

最後に性格の良さそうな木をパシャリ。また来るよ!

以上、今日は『石垣島・野底岳』をピックアップしました!

下山するのが惜しいくらいで、ずーっとこの場所に居たくなる、野底岳はそんな場所でした。

皆さんも石垣島を訪れた際は是非、野底岳に登ってみましょう♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク