佐渡汽船・新潟港ターミナルのアクセス&施設など耳ヨリ情報が満載!

佐渡,新潟,両津港,時刻表,予約,席,おすすめ,車,レストラン,喫茶店,食事,お土産,駐車場,アクセス,佐渡は東京23区よりも広いよ新聞,乗り方,料金,佐渡汽船 (キャッチアイ)

『佐渡汽船の新潟港ターミナル』をピックアップ!

2019年4月中旬に新潟港ターミナルを利用した際の耳寄りな情報を抜粋♪

僕がフェリーを利用したのは8年ぶり(直島旅行以来)。

「島へ行く」というワクワク感・冒険感が心地よく「船旅っていいなぁ」と改めて感じました。

まずは佐渡汽船・新潟港へのアクセスから見ていきましょう(^^)/




『佐渡汽船・新潟港』へのアクセス。

まず佐渡島へ行くには新潟港、直江津港、寺泊港の3つの港のどれかを利用することになります(2019年4月現在)。

僕は新潟市に出張でいるので、新潟港から出発。

JR新潟駅〜新潟港佐渡汽船乗り場へは

・バス: 料金:210円 時間:15分
・タクシー: 料金:小型1200円程度 時間:10分
・徒歩:約25分

※佐渡汽船新潟港には、出航時刻の30分前までに乗船手続きが完了できるようにするのがベストです。

新潟駅から佐渡汽船へのバスの時刻はこちらを参照。

僕は業務終了後の金曜日、新潟駅発のバスのちょうどいい時間がなかったので、徒歩で佐渡汽船へ直行

朱鷺メッセから佐渡汽船へ伸びる空中回廊を知らず、地上から歩いて向かいました。

地上から空中回廊を眺める。雨の日は濡れずに済みそう。

地上から空中回廊を眺める。雨の日は濡れずに済みそう。

案内図が各所にあるので、迷いませんでした。

案内図が各所にあるので、迷いませんでした。

佐渡汽船『新潟港』ターミナルの様子。

僕が乗るフェリーは19:30分発。

佐渡汽船ターミナル18:35に着くと、自動改札前にはすでに何人か並んでいました。

19時10分くらいにはかなり長蛇の列。

長蛇の列にドン引きですが、指定席の人には無関係。

長蛇の列にドン引きですが、指定席の人には無関係。

自動券売機でチケット購入。

前日にネット予約を失念していたので、自動券売機で切符を購入。

事前にネット予約をすると購入時にQRコードが必要になるので用意しておくとスムーズに購入できます。

一等室のジュウタン席・椅子席の違いはこちらのページを参照。

ターミナルの有人窓口や電話でも購入可能です。

土産屋・飲食店もあります。

ターミナル内では喫茶店や土産物屋で弁当も販売。

昭和を感じる喫茶店。

昭和を感じる喫茶店。

お土産屋さん。Suicaも使えました。

お土産屋さん。Suicaも使えました。

僕は特産館弁当を購入。

弁当は残り最後だった。

弁当は残り最後一つだった。

ターミナル内立ち食いソバ屋風のお店や、フェリー内にもお食事処があったので少し後悔しました。

横断幕の横で弁当食う。

横断幕の横で弁当食う。

佐渡汽船ターミナルのコインロッカーの使用期間は3日間。

佐渡汽船ターミナル内にはロッカーもあります。

ロッカーの注意書き。

ロッカーの注意書き。

ちなみにターミナル内のトイレウォッシュレット付きトイレでした。

佐渡島の観光スポットを探索。インスタがイイネ!

出港まで時間があったので、ターミナル内を探索。

佐渡の観光情報が色々な形で展示されているの飽きない。

佐渡のインスタ映えスポット。

佐渡のインスタ映えスポット。

佐渡汽船のインスタアカウントもあります↓↓↓

『よりも新聞』が手作り感があってイイネ!

感動したのが『佐渡は東京23区よりも広いよ新聞。』

感動したのが『佐渡は東京23区よりも広いよ新聞』

佐渡汽船の女性社員4名が、自分たちが実際に訪れて、おすすめしたい佐渡の魅力を1枚の手書き新聞にまとめたそうです。

略して『よりも新聞』と言うみたい。

A4用紙両面佐渡情報が詰まっているので、思わずクリアファイルに入れてしまいました(笑)。

僕みたいにほぼノープランで佐渡へ向かう人にとってはありがたい情報です。

別件ですが、佐渡汽船って上場してたんですね。

佐渡島には中国系の観光客も花見に来ていたので、観光事業で盛り上がってほしいです。

佐渡汽船の株価チャート。

佐渡汽船の株価チャート。

なぜか巨大マリオもいる…。

ターミナルの奥で有名人のマリオと初めて会いました。

ターミナルの隅っこにはなぜかマリオがいる・・・。

ターミナルの隅っこにはなぜかマリオがいる・・・。

任天堂とどのような関係があるかわかりませんが、ちょっとしたインスタ映えが狙えるスポットです。

地元の専門学校がつくったのかなぁ?気になります。

以上、『佐渡汽船の新潟港ターミナル』をピックアップしました!

次回はいよいよカーフェリー・ときわ丸に初乗船!

耳ヨリな情報にご期待ください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク